すごいぞOM-1

OM SYSTEMのフラッグシップカメラOM-1。コスパ最強の野鳥カメラと認定します。
P3230435s.JPG
枝まみれでも、
P3230435ss.JPG
鳥を認識してピントが合う。
P3230460s.JPG
枝が横切っていても、
P3230460ss.JPG
鳥を認識してピントが合う。
P3230487s.JPG
手前の枝をものともせず、
P3230487ss.JPG
鳥を認識してピントが合う。
P3230685s.JPG
松の茂みに隠れた鳥も、
P3230685ss.JPG
認識してピントが合う。
P3230655s.JPG
遠くのタカも、
P3230655ss.JPG
認識してピントが合う。従来機に見られた被写体認識担当とAF担当が別人問題」は、ほとんど解消されたようです。
P3230515s.JPG
センサーの読出しも速いようで、
P3230570s.JPG
鳥の翼の形が歪まない。良いカメラですよ。

この記事へのコメント

panoramahead
2022年04月01日 13:00
>被写体認識担当とAF担当が別人

このフレーズしみじみ好きです。まさにその通りでしたよねえ。
連携がとれてなくて、カメラ開発部も縦割り構造かい!と
呆れておりましたが、おっしゃる通りついにフュージョンして
くれましたね。
これでヒーローエナジーが毎回回復です(意味不明)
kame
2022年04月02日 22:31
旧機種から被写体認識担当は優秀だったんですよ。手前に障害物があっても、ちゃんと鳥の姿を捉えてくれた。AF担当も枠内の直近の物体に律儀にピントを合わせる能力は高かった。

二人の能力が無駄なく発揮できるようになって、感無量です。
おおくわ
2022年04月14日 14:12
kameさんはZ9を捨ててOM-1に乗り換えたってことですか?

この記事へのトラックバック